石鹸かフォームか

石鹸とフォームの大きな違いは合成界面活性剤が含まれているかです。

多くのフォームに含まれている合成界面活性剤はニキビに良くない成分であることがみなさんにも想像がつくのではないでしょうか。

合成界面活性剤が成分として含まれているから、スッキリ汚れを落とすことができます。でも、そのスッキリにはリスクが含まれていることに注意が必要です。そのような成分によってまるでお皿を洗っているような快感を受けてしまっているのかもしれません。合成界面活性剤がニキビにとって皮脂、保湿成分など大事な成分も根こそぎ奪ってしまうリスクが含まれています。

石鹸の成分は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム

脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムという成分に依存しているものが、石鹸です。天然成分に温存していることが大きなメリットです。天然成分なので安心して使用し続けることができます。

防腐剤(パラベン)、香料、着色料、アルコールと言ったものが含まれていないから石鹸は効果を持ち、水だけの洗顔では不安と思っている人たちは石鹸オンリーにで効率良くすすめていただきたいと思います。

私達はよけいな皮脂を落とすために、水だけではやはり不安ですし(カレーライスの食器を私達は水だけで洗浄出来るでしょうか・・・)皮脂は全部根こそぎ綺麗に落とされればいいと言うものではありません。本当に微妙にいい感じで皮脂を取り除いてくれるものがこの石鹸だったのです。

普通の状態の肌ならセタノール系でもOK

たとえばニキビ肌ではない普通の状態のスキンケアには、肌の乾燥を防いで保湿機能をキープしたり、脂質の適度な保護に役立てたり、あるいは紫外線などから表皮を守るという目的で、油分の少ない水ベースの柔軟化粧水が適用されています。これにはセタノール成分やシリコン由来の成分が含まれています。セタノールは保湿性の高さなどから化粧品全般の原料として多用されています。

セタノールの応用例

  • 保湿クリーム用の乳化ワックス
  • シャンプーの界面活性剤
  • リンスなどの増粘剤
  • 工作機械のナットやボルトの潤滑剤

ただし化粧水や洗顔料などに含まれるグリセリンについては、アレルギー系の人は控えたほうが無難です。とくにアトピーを発症している女性などは、生理の前後で肌に湿疹が起きたりニキビが発症したりといった報告もあるので、できるだけ天然由来の成分で構成された化粧水を購入されるようおススメします。洗顔用のソープについても同様です。

乾燥肌、オイリー、敏感肌。化粧水の選び方

乾燥肌用の化粧水には、逆に抗酸化剤やジメチルポリシロキサンなど、オイルベースのものが使用されています。冬場などに起こる異常乾燥が原因のひび割れは、肌のひび割れ部位を緊急的に保護して進行を抑える効果があるワセリンベースの化粧水が好適です。脂性肌の人は、洗顔した後に水分が蒸発して肌の乾燥が加速しやすい傾向にあるので、毛穴を詰まらせる傾向が強いオイリーな化粧水ではなく、水ベースの商品を選択しましょう。

敏感肌の人に適した化粧水は、「柔軟化粧水」です。ハーブとして愛用され、天然由来で安全性の高いカモミール、美肌や保湿効果の高さでも知られているアロエなどの成分が入った化粧水が最適です。刺激性が少なく、香料・着色料などが抑えられているため、他の成分の化粧水と比較しても安心できます。

妊婦の方の注意点

どんなものにでも副作用やそれに類似するようなマイナス効果はあります。大切なことは、そのようなリスクのある化粧水を手に取らない・選ばないことです。とくに妊婦の方は胎児に与える影響が大きいため注意が必要です。どうしてもニキビ予防やニキビ改善をしたいという方は、「オーガニック系の化粧水」を選択しましょう。

  • オーガニック認定された化粧水に限定する。
  • 「天然由来」と「オーガニック」とは違うことを認識しておく。
  • 有機栽培(オーガニック)された植物の成分でもまったく無害ということはない。
  • あらかじめ産婦人科の医師にアドバイスを求める。
  • ニキビケアと出産のどちらを優先するか念頭におく。

Copyright © ニキビによい化粧水、ニキビ予防の化粧水. All rights reserved.