ビタミンCよりビタミンC誘導体

ニキビと皮脂は決して無関係ではありません。ビタミンCも皮脂を抑えるためにとても効果があると言うことに注目しましょう。ニキビのために石鹸オンリーで大丈夫と言う人たちもいるようですが、石鹸でビタミンCまで補うことが出来るのかと言えばやはり疑問です。ただ洗浄と言うことだけでなく私達はプラスアルファを化粧水に求め、化粧水には保湿プラスアルファを更に求めていかなければなりません。

ビタミンCと言うよりも化粧水においてビタミンC誘導体と言うものを注目していただきたいと思います。通常のビタミンCよりも浸透率が高いものがビタミンC誘導体です。私達はニキビ改善のために肌の刺激について考えていかなければなりませんが、肌に刺激が少ないことにビタミンCのメリットがあります。ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあり、オイリーのニキビと乾燥肌のニキビがありますが、その両方にビタミンCは効力を持ちます。リン酸アスコルビル、 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと言う感じで表示されている化粧水を選択してみてください。

オイル・アルコールフリーを意識してください

もう一つ化粧水を選択する上で大事なことは、オイル・アルコールフリーか否かと言うことです。乾燥肌のニキビならオイルの化粧水が効果的と思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

化粧水の中に入っているオイルは、すべてアクネ菌の餌になってしまうと考えると、とても恐ろしいことではありませんか。間違いなくそれはニキビが悪化する原因となります。

またアルコールが多いことで肌から水分を奪い取ってしまうことになります。このように考えて行くと化粧水が大事なことは解って来ますし、選ぶべき化粧水も見えてくるのではないでしょうか。

自分の肌質を確認してからニキビ跡対策を

一般に言われる“ニキビによい化粧水”というのは、予防効果が高いということと同時に、できてしまったニキビの繁殖を抑えて、ニキビ跡をきれいに消すことができる化粧水のことを指しています。果たして、そこまですぐれたニキビ専用の化粧水というのはあるのでしょうか。いずれにしてもニキビ解消に特効薬はありませんから、ある程度の時間はかかるものと決心してニキビケアに取りかかる必要があります。

まずあなたの肌の状態をしっかり見極めて、どのような成分が入った化粧水が良いのかを選択しましょう。乾燥肌なのか、オイリーなのか、あるいはアレルギー体質なのか、昔から肌が弱いと言われてきたのか、そのようなことをメモに書き留めて、“体質+症状”にあった化粧水を選ぶことです。重症化してしまったニキビの解消には半年・1年という時間を要するケースもあります。自分なりに検証して、それでも商品選びに迷ったら、皮膚科の医師かドラッグストアの薬剤師に相談してみましょう。

薬用柔軟化粧水は“浸透力を増す”化合物

ニキビ跡に効くとされているのは、薬用柔軟化粧水です。柔軟化粧水とは、皮膚の表面をやわらかくするために化学的につくられた混合物で、表皮の水分蒸発を抑えることで潤いを保ちつつ、ニキビ跡の改善にいい美容成分の浸透力を高めたものです。乾燥肌の人や敏感肌の人にはとくに好適とされ、ニキビ専用の化粧水ばかりではなく、一般化粧品や医薬品として、ドラッグストアなどで販売されています。

一例ですが、ニキビ跡にいい化粧水として人気ランキングの商品にも柔軟化粧水がランクインしています。8種類の美容成分が凝縮されていて、しかもナノサイズの分子で構成されていますから、ニキビ肌の奥までスムーズな浸透で効力を発揮します。肌の奥から効いてくるため、クレーター状態のニキビ跡、赤みや黒ずみを帯びてしまったニキビ跡にも対応できます。根こそぎとまでは言えませんが、これまでになかった新しいタイプの専用化粧水であることが高評価で、利用者の満足度も高いようです。

有効成分/美容成分

  • 保湿成分/ホメオシールド、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸
  • 美容成分/ダーマホワイト
  • 美肌成分/酵母エキス、イソフラボン、アロエエキス、ゼニアオイエキス

この他にも、グリチルリチン酸ジカリウム、水溶性プラセンタエキス、水溶性コラーゲン液、海藻エキス、大豆エキス、ワルテリアインディカ葉エキス、米ヌカスフィンゴ糖脂質、水添卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリンなどが配合されています。

Copyright © ニキビによい化粧水、ニキビ予防の化粧水. All rights reserved.